• ホーム
  • Evaluation
  • 書籍
  • メールマガジン
  • 会社案内
  • お問い合わせ

Evaluation詳細情報

ホーム > Evaluation > Evaluation詳細情報
イメージ

『Evaluation No.76』

【特集】◆訴訟鑑定にとって事実は何か――不動産鑑定と事実認定

B5判・104頁
定価:2,000円(税込)
ISBN 978-4-910288-34-5 C3033
2023年4月発行

お申し込み

ご注文方法

全国の書店、政府刊行物センター、ネット書店等でお買い求め頂けます。(書店に在庫が無い場合は、店頭からお取り寄せ頂けます。)
弊社へご注文の場合は、お申し込みボタンをクリックし、購入申込書を印刷します。必要事項をご記入の上、FAXにてお送りください。

株式会社プログレスFAX番号 03-3341-6937

目次

●訴訟鑑定にとって事実とは何か――不動産鑑定と事実認定……………曽我 一郎

●収益還元法の虚構と不正――投資家に役立つ透明なファクトデータの提供を…………海野 俊郎

●鑑定評価の意義と不動産鑑定士の責務――「不動産の鑑定評価」が必要とされるからこそ我々不動産鑑定士に存在の意義がある………………河内谷 順

●新規賃料の積算賃料と比準賃料の賃料額の関係について……………田原 拓治

●相続税の評価通達総則6項判決における鑑定評価について――最高裁第三小法廷令和4年4月19日判決………下崎  寛

★土地問題雑感―(7)

道路の陥没事故と大深度地下の使用(続き)――大深度地下使用の事業区域の全域はN値50以上……………平松 弘光

◎住宅金融専門会社の存在意義はあったのか=住宅ローンの草分け「日本住宅金融株式会社」25年の軌跡  《最終回》歴史に幕を下ろした住宅金融専門会社……………安井 礼二

前のページへ戻る

当社が開設するWebサイトは、以下の環境でご覧いただくことを推奨いたします。
推奨環境以外でご利用いただいた場合や、推奨環境下でも、お客さまのブラウザの設定によっては正しく表示されない場合があります。ご了承ください。

Windows: Microsoft Internet Explorer 7.0以上、Mozilla Firefox 3.0以上、Safari 4.0以上、Google Chrome 10.0以上のブラウザ  Mac: Mozilla Firefox3.0以上、Safari4.0以上、Google Chrome 10.0以上のブラウザ