• ホーム
  • Evaluation
  • 書籍
  • メールマガジン
  • 会社案内
  • お問い合わせ

Evaluation詳細情報

ホーム > Evaluation > Evaluation詳細情報
イメージ

『Evaluation no.66』

【特集】コンパクトシティを考える

B5判・144頁
定価:本体2,400円+税
ISBN 978-4-905366-751 C3033
2018年4月発行

お申し込み

ご注文方法

全国の書店、政府刊行物センター、ネット書店等でお買い求め頂けます。(書店に在庫が無い場合は、店頭からお取り寄せ頂けます。)
弊社へご注文の場合は、お申し込みボタンをクリックし、購入申込書を印刷します。必要事項をご記入の上、FAXにてお送りください。

株式会社プログレスFAX番号 03-3341-6937

目次

特集●コンパクトシティを考える

▼人口縮小時代の都市政策:コンパクトシティ化………………………浅見 泰司

▼コンパクトティ政策がめざす都市や地域とは…………………………海道 清信

▼コンパクトシティ政策の動向と不動産ビジネスの転換………………谷口  守

▼交通からコンパクトシティを考える……………………………………森本 章倫

▼日本の風土に根ざした新たな田園都市…………………………………横張  真

▼コンパクトシティと環境…………………………………………………松橋 啓介

▼都市のスポンジ化とコンパクトシティ…………………………………饗庭  伸

▼コンパクトシティ実現のための都市計画と誘導手法

 ―立地適正化計画の先の政策をどのように進めるのか………………青木伊知郎

▼コンパクトシティと「時間」……………………………………………玉川 英則

▼国の求めるコンパクトシティの限界

 ―埼玉県本庄市の立地適正化計画を通して考える……………………山口 幹幸

  • 鑑定評価に関する理論的考察

 ―なぜ剰余が発生するか、剰余たる純収益とは何か―………………江間  博

  • 無接道画地価格の接道宅地価格に対する価格割合……………………田原 拓司
  • 「動産一体評価」で見えてきた論点……………………………………松浦 英泰

■住宅金融専門会社の存在意義はあったのか

 ―住宅ローンの草分け「日本住宅金融株式会社」25年の軌跡

《第4回》住宅金融専門会社の乱立が産んだ住宅金融市場の過当競争…安井 礼二

■大都市の木造密集地域のこれからを考える

《第3回:木造密集地域における取組みの変遷》 ……………………………………………………中川 智之/山口 幹幸/楠亀 典之

前のページへ戻る

当社が開設するWebサイトは、以下の環境でご覧いただくことを推奨いたします。
推奨環境以外でご利用いただいた場合や、推奨環境下でも、お客さまのブラウザの設定によっては正しく表示されない場合があります。ご了承ください。

Windows: Microsoft Internet Explorer 7.0以上、Mozilla Firefox 3.0以上、Safari 4.0以上、Google Chrome 10.0以上のブラウザ  Mac: Mozilla Firefox3.0以上、Safari4.0以上、Google Chrome 10.0以上のブラウザ