• ホーム
  • Evaluation
  • 書籍
  • メールマガジン
  • 会社案内
  • お問い合わせ

書籍詳細情報

ホーム > 書籍 > 書籍詳細情報
イメージ

『新版 不動産の鑑定評価がもっとよくわかる本―「不動産鑑定評価書」を理解し、役立てるために―』

鵜野 和夫 著
A5判・272頁 
定価:本体3,000円+税
978-4-905366-83-6 C2034
2018年12月発行

お申し込み

ご注文方法

全国の書店、政府刊行物センター、ネット書店等でお買い求め頂けます。(書店に在庫が無い場合は、店頭からお取り寄せ頂けます。)
弊社へご注文の場合は、お申し込みボタンをクリックし、購入申込書を印刷します。必要事項をご記入の上、FAXにてお送りください。

株式会社プログレスFAX番号 03-3341-6937

本書の概要

不動産鑑定評価書には何が書いてあるのか?不動産鑑定評価の仕組みをわかりやすく解説しています。

目次

1、不動産を鑑定評価するとは、どういうことか

不動産の鑑定評価とは

不動産には、なぜ鑑定評価が必要なのか

不動産の評価の流れ

鑑定評価制度の確立

鑑定評価と算定評価(1)―路線価方式

鑑定評価と算定評価(2)―土地価格比準表

2、不動産鑑定評価書には、何が書いてあるか

価格の種類

鑑定評価の条件

鑑定評価の依頼目的および条件と価格の種類

価格形成要因

一般的要因と地価の動向

地域分析―近隣地域の地域要因

個別的要因の分析

最有効使用の判定

鑑定評価方式の適用

鑑定評価額の決定―試算価格の調整

3、取引事例比較法

取引事例の収集

取引事例の選択

時点修正

近隣地域内の類似地域内の取引事例との比較

取引事例比較法による比準価格算出表

4、原価法と開発法

原価法とは(1)―造成団地の例

原価法とは(2)―土地付建物の例

建物の再調達原価の求め方

建物の減価の要因と減価修正

減価修正の求め方

開発法とは(1)―宅造用素地の例

開発法とは(2)―マンション用地の例

5、収益還元法

収益還元法の求め方(1)―貸家及びその敷地の評価

収益価格の求め方(2)―自用の建物及びその敷地の評価

償却前純収益と償却後純収益の還元

収益価格の求め方(3)―更地の評価・土地残余法

収益価格と収益還元法の考え方/算定期間による二つの収益還元法

還元利回りとその求め方

二つの収益還元―直接還元法とDCF

DCF法の手法と評価例

6、地域の分類

不動産の種類

地域・土地を大分類すると―宅地、農地、林地

見込地

移行地

7、住宅地域の要因分析

住宅地域の区分

住宅地域の地域要因と個別的要因

住宅地域の環境条件(1)―自然的条件

住宅地域の環境条件(2)―人工的条件

住宅地域の街路条件

住宅地域の交通・接近条件等

住宅地の行政的条件

住宅地の画地条件(1)地積・地形

住宅地の画地条件(2)―街路との関係

住宅地の画地条件(3)―セットバック・袋地・無道路地

8、商業地域の要因分析

商業地域の細分類

商業地域の地域要因

商業地の個別的要因

9、更地・建付地とその評価

更地とその評価

建付地とその評価

10、建物及びその敷地とその評価

自用の建物及び敷地とその評価

貸家及びその敷地とその評価

区分所有建物の専有部分とその敷地とその評価

11、借地権・定期借地権・底地・区分地上権とその評価

借地権とその評価

定期借地権とその評価

底地とその評価

区分地上権とその評価

12、地代・家賃とその評価

新規地代とその評価(1)―正常賃料を求める場合

新規地代とその評価(2)―限定賃料を求める場合

継続地代とその評価

家賃とその評価

13、用地・林地・宅地見込地とその評価

農地とその評価

林地とその評価

宅地見込地とその評価

前のページへ戻る

当社が開設するWebサイトは、以下の環境でご覧いただくことを推奨いたします。
推奨環境以外でご利用いただいた場合や、推奨環境下でも、お客さまのブラウザの設定によっては正しく表示されない場合があります。ご了承ください。

Windows: Microsoft Internet Explorer 7.0以上、Mozilla Firefox 3.0以上、Safari 4.0以上、Google Chrome 10.0以上のブラウザ  Mac: Mozilla Firefox3.0以上、Safari4.0以上、Google Chrome 10.0以上のブラウザ