• ホーム
  • Evaluation
  • 書籍
  • メールマガジン
  • 会社案内
  • お問い合わせ

書籍詳細情報

ホーム > 書籍 > 書籍詳細情報
イメージ

『民泊を考える』

浅見 泰司/樋野 公宏 編著
A5判・174頁
定価:本体2,200円+税
978-4-905366-76-8 C2036 
2018年5月発行

お申し込み

ご注文方法

全国の書店、政府刊行物センター、ネット書店等でお買い求め頂けます。(書店に在庫が無い場合は、店頭からお取り寄せ頂けます。)
弊社へご注文の場合は、お申し込みボタンをクリックし、購入申込書を印刷します。必要事項をご記入の上、FAXにてお送りください。

株式会社プログレスFAX番号 03-3341-6937

本書の概要

民泊法【住宅宿泊事業法】がいよいよ6月15日より施行されます。

民泊については、様々な問題点が指摘されていますが、一方では、民泊がもたらすシェアリング・エコノミーや地域活性化の可能性についても注目されています。

本書では、11人の研究者が、それぞれの専門の立場から民泊の現状と展望を論じています。

目次

民泊の現状と展望[浅見 泰司]

 1.はじめに  
 2.民泊の位置づけ  
 3.民泊の関連制度  
 4.民泊のトラブル防止  
 5.民泊の今後の展望  
 6.おわりに    

観光振興と民泊[矢ケ埼 紀子]

 1.はじめに  
 2.観光振興における宿泊産業の重要性  
 3.宿泊の需給逼迫  
   (1) 訪日外国人旅行者数の増加  
   (2) 特定地域での宿泊の需給逼迫  
 4.民泊利用者の規模と特性  
   (1) 訪日外国人旅行者数と外国人の延べ宿泊者数の増加傾向の乖離  
   (2) Airbnb社による民泊の規模  
   (3) 民泊利用者の特徴  
 5.観光における民泊の影響  
   (1) 地域経済活性化への影響  
   (2) ソフトパワーの向上、交流促進への影響  
 6.今後について  
   (1) 交流促進型の民泊をまず推進  
   (2) 宿泊産業に関する戦略  

旅館業法と民泊[安念 潤司]

1.問題の所在  
2.旅館業に関する規制の内容    
  (1) 規制の概要  
  (2) 民泊と許可制  
3.規制の根拠  
4.規制の評価  
  (1) 規制の実効性  
  (2) 規制の根拠の変化  
5.規制の改革と展望  

住宅宿泊仲介業の法的位置づけ[小澤 英明]

 1.はじめに  
 2.住宅宿泊仲介業と旅行業  
   (1) 旅行業者と旅行業法  
   (2) 旅行業者と住宅宿泊事業法  
   (3) 住宅宿泊仲介業者の仲介業と旅行業者の仲介業  
   (4) 住宅宿泊仲介業における業務規制  
 3.外国会社である住宅宿泊仲介業者の位置づけ  
    (1) 民泊と外国会社  
    (2) 外国住宅宿泊仲介業者  
 4.住宅宿泊仲介業者の説明責任  
    (1) 届出住宅の水準  
    (2) 届出住宅の使用と賃貸借との関係  
    (3) 旅行業者の説明責任  
    (4) 住宅宿泊仲介業者の説明責任  

不動産業から見た民泊の法的問題点――住宅宿泊事業法の施行後の対応を中心に――[佐藤 康之]

 1.はじめに  
 2.民泊新法に基づく管理義務  
 3.周辺住民とのトラブル対応について  
   (1) 周辺住民とのトラブルの概要  
   (2) 民泊新法に基づく義務  
   (3) 想定される問題点  
 4.賃借物件を民泊に供する場合の問題点  
   (1) 民泊契約の性質  
   (2) 賃貸人に無断で民泊に供した場合 
 5. 区分所有建物を民泊に供する場合の問題点 
   (1) 区分所有建物における民泊の問題点  
    (2) 新たな標準管理規約  
    (3) 管理規約を変更して民泊を禁止することの問題  
 6.おわりに  

民泊と住環境[樋野 公宏]

 1.はじめに――私の民泊体験  
 2.東京・世田谷区における民泊の現状  
   (1) 民泊施設の種類と立地  
   (2) 民泊に対する苦情  
   (3) 空き家の状況から見る民泊の増加可能性  
 3.民泊に対する不安と犯罪リスク  
   (1) 民泊に対する不安  
   (2) 類は友を呼ぶ?  
   (3) 民泊における犯罪  
 4.近隣住民にできることは何か  
   (1) マンションでの民泊禁止  
   (2) 民泊施設所有者(予備群)とのコミュニケーション  
 5.おわりに  

「シェアリング・エコノミー」における民泊の位置づけ[山田 貴大]

 1.はじめに  
 2.「シェアリング・エコノミー」という用語について  
   (1) 「メッシュ」:ビジネスモデルとしての「シェア」  
   (2) 「協働型消費」:消費文化論として見た「シェア」  
   (3) クラウド資本主義:P2P型に注目した「シェア」  
 3.民泊の活動実態と法規制  
  (1) 「民泊」の活動実態  
  (2) 東京23区、米国4都市の規制  
  (3) 住宅宿泊事業法の可能性と課題  

農村地域における民泊の変遷と役割[山本 幸子]

 1.はじめに  
 2.農村地域における民泊の背景と動向  
  3.既存建築を転用したゲストハウスの増加  
  4.若い移住者によるゲストハウスの誕生  
  5.空き家との出会い方  
  6.DIYの手法を用いたゲストハウスの作り方  
  7.ゲストハウスの経営形態  
  8.おわりに  

地域活性化と民泊の可能性[城所 哲夫]

 1.地域活性化と観光の役割  
 2.イノベーティブ・タウン仮説  
 3. 民泊による地域活性化の胎動  
 4.地域活性化の観点から見た民泊振興の課題  

旅と建築の可能性を広げる民泊[大月 敏雄]

 〇旅と「あご・あし・まくら」 
 〇あご(顎)  
 〇あし(足)  
 〇まくら(枕)  
 〇「泊める建築」の進化  
 〇「泊める建築」と共同長屋  
 〇「泊める建築」のビッグバン:集合住宅の誕生  
 〇次なる「泊める建築」のビッグバンは?  

私の民泊体験記――古民家、空き店舗を使ったシェア的生活実験――{三浦  展] 

 〇五島列島で家賃1万円の古民家をリノベーションして民家に  
 〇福岡の山村の古民家シェアハウスで狩猟採集生活。月の食費は1,500円  
 〇郊外の90㎡の空き家を100万円で買ってリノベーション。横須賀から横浜に週3日勤務  
 〇杉並区でオフィス、カフェ、ベッド、ブックをシェアするビル  
 〇まとめ  

前のページへ戻る

当社が開設するWebサイトは、以下の環境でご覧いただくことを推奨いたします。
推奨環境以外でご利用いただいた場合や、推奨環境下でも、お客さまのブラウザの設定によっては正しく表示されない場合があります。ご了承ください。

Windows: Microsoft Internet Explorer 7.0以上、Mozilla Firefox 3.0以上、Safari 4.0以上、Google Chrome 10.0以上のブラウザ  Mac: Mozilla Firefox3.0以上、Safari4.0以上、Google Chrome 10.0以上のブラウザ