• ホーム
  • Evaluation
  • 書籍
  • メールマガジン
  • 会社案内
  • お問い合わせ

書籍詳細情報

ホーム > 書籍 > 書籍詳細情報
イメージ

『アジアヘッドクォーター特区が日本を変える―東京発のイノベーション戦略を描け―』

デロイト トーマツ コンサルティング編
A5判・224頁
本体2,000円+税
978-4-905366-19-5 C2034
2013年3月発行

お申し込み

ご注文方法

全国の書店、政府刊行物センター、ネット書店等でお買い求め頂けます。(書店に在庫が無い場合は、店頭からお取り寄せ頂けます。)
弊社へご注文の場合は、お申し込みボタンをクリックし、購入申込書を印刷します。必要事項をご記入の上、FAXにてお送りください。

株式会社プログレスFAX番号 03-3341-6937

本書の概要

東京・シンガポール・台北・ソウル・香港・上海etcアジアの都市間競争が激化する昨今、日本を代表する東京のメガシティに求められる戦略とは?
ニッポンが課題「解決」先進国になるための具体的戦略を公開!
アジアを生き抜く組織と個人のイノベーション戦略を描く注目の書!!

※アジアヘッドクォーター特区とは※
政府が新成長戦略の柱と位置づける総合特別区域(特区)制度の「国際戦略総合特区」で平成23年に東京都が指定を受けた。それに伴い、グローバル企業のアジア統括本社や研究開発拠点の誘致など、日本を「アジアの中心拠点」として復活させることを目指している。

目次

序章 アジアの都市が追い上げてくる!
シンガポール/ソウル/上海その他のアジア都市/2050年の世界に向けて

1、7つの国際戦略総合特区の概要
総合特区とはなにか?/国際戦略総合特区の概観

2、国際戦略総合特区は、なぜ生まれたのか?
日本の存在が小さくなってゆく!/アジアの中で取り残される日本/日本経済が停滞し、大企業が海外へ出る/大企業が離れれば。中小企業も疲弊する/打開策としての新成長戦略と総合特区制度

3、海外都市は、なぜ成長できたのか?
シンガポールの取組み/韓国の取組み/香港の取組み/上海の取組み

4、世界有数の潜在力を持つ東京
人の集積/企業の集積/技術の集積

5、立ち上がれ東京! これから何をすべきか?
これまでの東京は進化してこなかったのか?/いまの東京で、何が魅力的でないのか?/東京が目指すべき将来像、東京の都市戦略/戦略実現のカギは、“ハード面”と“ソフト面”の両輪/「拡大再生産のサイクル」を描く

6、アジアヘッドクォーター特区とはなにか?
特区が掲げるコンセプト/外国企業誘致に向けて求められる4つの機能/都独自の積極策

7、特に成長が期待される8つの地域・地区
東京都心・臨海地域―その①大手町・丸の内・有楽町地区/その②日本橋・八重洲・銀座地区/その③六本木・赤坂・虎ノ門地区/その④東京臨海地域/新宿駅周辺地域/渋谷駅周辺地域/品川駅・田町駅周辺地域/羽田空港跡地

8、次の特区制度での発展に期待する!
アジアヘッドクォーター特区は発展途上/次期特区制度において具備すべき要件

9、自社の戦略を立てる!
特区を企業の成長戦略に活かすという視点/東京都特区のデザインはこれからだ!/特区によって競争力を創出するという視点/競争力ある特区づくりに向けておくべき前提条件/東京特区を梯子にした成長戦略の可能性:その(1)―アジア展開を見据えた先進介護拠点化事業/東京特区を梯子にした成長戦略の可能性:その(2)―食文化の強みを活かした高層型植物工場の先端拠点化事業/東京特区を梯子にした成長戦略の可能性:その(3)都市化問題対応力の先端研究拠点化事業

10、自分の戦略を立てる!
自分の「色」を出す/自己変革の5の要諦/小さな行動の積み重ねが大きな変化をもたらす!

参考文献

索引

 

前のページへ戻る

当社が開設するWebサイトは、以下の環境でご覧いただくことを推奨いたします。
推奨環境以外でご利用いただいた場合や、推奨環境下でも、お客さまのブラウザの設定によっては正しく表示されない場合があります。ご了承ください。

Windows: Microsoft Internet Explorer 7.0以上、Mozilla Firefox 3.0以上、Safari 4.0以上、Google Chrome 10.0以上のブラウザ  Mac: Mozilla Firefox3.0以上、Safari4.0以上、Google Chrome 10.0以上のブラウザ