• ホーム
  • Evaluation
  • 書籍
  • メールマガジン
  • 会社案内
  • お問い合わせ

書籍詳細情報

ホーム > 書籍 > 書籍詳細情報
イメージ

『Q&A いざというときに役立つ−相続の上手な対処法−』

プログレス社内在庫分は全て完売しました

アックス財産コンサルタンツ協会 編著
四六判・292頁
本体価格1,500円+税
ISBN 978-4-901431-79-8 C2034
2009年5月発行

ご注文方法

全国の書店、政府刊行物センター、ネット書店等でお買い求め頂けます。(書店に在庫が無い場合は、店頭からお取り寄せ頂けます。)
弊社へご注文の場合は、お申し込みボタンをクリックし、購入申込書を印刷します。必要事項をご記入の上、FAXにてお送りください。

株式会社プログレスFAX番号 03-3341-6937

本書の概要

相続に関する様々な疑問、難問に各専門家がわかりやすく答えるQ&A方式でまとめてあります。
いざ!?というときにはもちろん、相続の際持ち上がってくる悩み・問題について、あらかじめ整理しておくのにも役立ちます。

税理士・不動産鑑定士・司法書士・土地家屋調査士などの専門家が易しい文章でわかりやすく解説していますが、内容はしっかり充実しています。

目次

■第1章■

<いざというときにあわてないように、事前にやっておくべき有効な相続対策を教えてください。>

■Q1相続の相談は、誰にすれば良いのでしょうか?
■Q2相続対策は、やっておいた方が良いのでしょうか?
■Q3相続が発生したら遺産分割でもめそうです。事前の対策は必要ですか?
■Q4生前に不動産を整理するときのコツを教えてください。
■Q5相続対策として、不動産の整理は何をすれば良いのでしょうか?
■Q6生前贈与について教えてください
■Q7なぜ、現金よりも土地で贈与する方が有利なのでしょうか?
■Q8借入れをして賃貸マンションや貸アパートを建てると、相続のときに有利になるのは本当ですか?
■Q9生命保険の加入は、相続税対策として有効ですか?
■Q10生命保険にたくさん加入しています。保険金の活用方法についてアドバイスしてください。
■Q11小規模企業共済の活用法を教えてください。
■Q12土地の測量が必要になるのは、どんな場合ですか?
■Q13測量が必要になったときは、誰に相談すれば良いでしょうか?
■Q14相続が発生する前に測量をしておいた方が良いのはなぜですか?
■Q15私達夫婦には子供がいません。相続対策で気をつけるべきことはありますか?

■第2章■

<事業承継はどう進めれば良いでしょうか? また、新設された株の納税猶予制度についても教えてください。>

■Q1親族内に事業承継する場合に気をつけるべきポイントを教えてください。
■Q2従業員に事業承継する場合のメリット・デメリットを教えてください。
■Q3自社株対策とは、どういうことですか?
■Q4事業承継の改正で気をつけるべきポイントは何ですか?
■Q5株の納税猶予制度について教えてください。
■Q6後継者がいないので会社を閉鎖しようと思っています。その手続きを教えてください。

■第3章■

<遺言書を書くときの注意点を教えてください。また、成年後見制度についても教えてください。>

■Q1間違いのない遺言書の書き方を教えてください。
■Q2不動産をたくさん持っています。遺言書を書くときに注意すべき点を教えてください。
■Q3母が認知症になってしまいました。遺言書は作成できますか?
■Q4故人の遺品を整理していたら遺言書が出てきました。どうしたら良いでしょうか?
■Q5任意後見契約について教えてください。

■第4章■

<相続をめぐっていろいろなトラブルが起きています。良い解決方法をアドバイスしてください。>

■Q1遺産分割でもめています。分割方法で良いアドバイスはありますか?
■Q2遺留分請求をされましたが、不動産しかありません。どのように解決したら良いでしょうか?
■Q3父が多額の借入金を抱えて亡くなりました。借入金は返済しなければいけませんか?
■Q4父が自宅の住宅ローンを残したまま亡くなりました。手続き方法を教えてください。
■Q5遠い親族関係でも遺産を分けてもらえますか?
■Q6不動産の名義を変更するための登記手続きについて教えてください。
■Q7貸地を相続しましたが、換金できますか?
■Q8山林や傾斜地を相続しましたが、売れますか?
■Q9不動産の賃貸借契約をするときのポイントを教えてください。
■Q10相続が発生したとき、賃貸借契約で注意すべきポイントは何ですか?

■第5章■

<相続した土地・建物や株は、どのようにして評価されるのでしょうか?>

■Q1相続税がかかる財産には、どのようなものがありますか?
■Q2土地は、どのように評価されるのでしょうか?
■Q3相続財産の評価における鑑定評価書の活用法を教えてください。
■Q4農地を別の用途で使用していますが、農地として評価できますか?
■Q5接道2mの条件を満たさない土地は、相続税額が下がりますか?
■Q6広大な土地を持っていますが、相続税額は下がりますか?
■Q7相続財産のなかに海外不動産がありますが、その評価はどうなりますか?
■Q8株をたくさん持っています。株式の評価方法を教えてください。

■第6章■

<相続税の申告・納税の手順や、還付、税務調査の受け方を教えてください。>

■Q1相続した財産が土地だけです。遺産分割、土地の売却、納税までの手順を教えてください。
■Q2相続税の申告が必要なケースと、必要でないケースを教えてください。
■Q3相続税の申告に必要な書類と業務の手順を教えてください。
■Q4相続税の還付は受けることができますか?
■Q5相続税の税務調査の項目について教えてください。
■Q6不動産賃貸業を営んでいますが、税務調査にはどう対処すれば良いでしょうか?
■Q7税務調査が入りやすい申告書とは、どのようなものですか。


Q&Aいざというときに役立つ
相続の上手な対処法
あわてず、さわがず、悩まないために、これだけは知っておきましょう!

アックス財産コンサルタンツ協会
978-4-901431-79-8

前のページへ戻る

当社が開設するWebサイトは、以下の環境でご覧いただくことを推奨いたします。
推奨環境以外でご利用いただいた場合や、推奨環境下でも、お客さまのブラウザの設定によっては正しく表示されない場合があります。ご了承ください。

Windows: Microsoft Internet Explorer 7.0以上、Mozilla Firefox 3.0以上、Safari 4.0以上、Google Chrome 10.0以上のブラウザ  Mac: Mozilla Firefox3.0以上、Safari4.0以上、Google Chrome 10.0以上のブラウザ