• ホーム
  • Evaluation
  • 書籍
  • メールマガジン
  • 会社案内
  • お問い合わせ

書籍詳細情報

ホーム > 書籍 > 書籍詳細情報
イメージ

『不動産業経営の基本戦略−不動産業のコンセプト・メーキングとマーケティング・リサーチのための16章』

プログレス社内在庫分は全て完売しました

不動産鑑定士/不動産コンサルタント 吉野 伸 著
A5判・320頁
本体価格3,200円+税
ISBN978-4-901431-62-0 C2034
2008年1月発行

ご注文方法

全国の書店、政府刊行物センター、ネット書店等でお買い求め頂けます。(書店に在庫が無い場合は、店頭からお取り寄せ頂けます。)
弊社へご注文の場合は、お申し込みボタンをクリックし、購入申込書を印刷します。必要事項をご記入の上、FAXにてお送りください。

株式会社プログレスFAX番号 03-3341-6937

本書の概要

「そもそも不動産とは。」から不動産業・不動産事業がわかる、実践実務の本です。

「不動産」というものを「根本」から捉え、不動産を取り扱う業務や不動産事業について、業務の基本から発展までわかりやすく解説されています。

「不動産」に関する事業計画のコンセプト・メーキングや、マーケティングの基礎を学ぶのにも役立ちます。

新人〜中堅社員の研修用テキストとしてもお薦めです。

◆吉野 伸(よしの しん)
不動産鑑定士/不動産コンサルタント
吉野不動産鑑定事務所/吉野不動産実務研究所 所長
※不動産業、不動産関連業界団体主催の研修講師・教材執筆、機関誌/業界誌への論文掲載、連載も多数。
宅建業界では絶大な人気を誇り、プロ向けのコンサルティング業務も広く、国内全般からオファーが届く。
調査・研究対象は海外にも及ぶ。

目次

序 章 不動産事業の基本

【基 礎 編】

第1章 不動産と不動産業

1 不動産の特性—自然的特性と人文的特性
2 不動産業とは

第2章 不動産の分類—宅地の定義

第3章 立地と適地

1 立地と適地の意味
(1)プロでも迷う土地利用
(2)土地利用には二つの方向性がある
(3)共通のポイントは、土地の特性を知ること
2 立地と適地の条件
(1)土地活用の基本は道路付け
(2)土地の面積
(3)土地の形状
(4)交通施設
(5)隣接地および周辺の環境
(6)法規制

第4章 不動産利用の三つのポイント
    
第5章 不動産価値の本質

1 土地利用の基本は効用分析
2 利用は平面と立体で考える

第6章 不動産情報とその流通

1 不動産情報とは
(1)情報はどう流れるか
(2)不動産情報の特性を考える
(3)売り情報と買い情報の特徴
(4)不動産情報は変則双方向
2 情報の流通
(1)一般物品と不動産
(2)不動産の取引情報

第7章 不動産の法律

1 不動産の法律とその概要
(1)民法について
(2)法令上の制限
(3)不動産登記法
(4)建物の区分所有等に関する法律
(5)借地借家法
2 法令上の制限
(1)利用の制限
(2)手続きの概要
(3)宅建業法の法令上の制限
(4)不動産から見た関係法規の整理
3 税  法
(1)税の種類
(2)税の分類
(3)不動産の税に関する共通のポイント
(4)不動産の取得に関する税
(5)不動産の保有に関する税
(6)不動産の譲渡に関する税

第8章 不動産事業の企画、収支および投資

1 不動産事業の企画
(1)不動産事業の分類と収益の源泉
(2)不動産事業企画のたて方
(3)マンション分譲事業の企画の取り組み方
2 事業収支計画のたて方
(1)事業収支の基礎
(2)事業収支計画はどのようにしてたてるか
3 不動産投資の基礎
(1)不動産投資の考え方
(2)時間の経過を考慮した計算
(3)投資計算に必要な公式
(4)投資案の比較

第9章 不動産教育

(1)階層別による体系
(2)テーマとカリキュラム
(3)教育効果について
(4)教育研修の問題点

【経 営 編】

第10章 不動産事業と収益の源泉

1 業としての収益の源泉
(1)不動産業はもうかるか?
(2)不動産のとらえ方
(3)収益の源泉と適正な報酬
2 不動産事業経営の基本
(1)不動産業の収益の源泉
(2)業として成り立つための要件
3 不動産業の業態
(1)現在の業態と分類
(2)不動産業の収入と利益

第11章 不動産業のコンセプト    

1 コンセプト・メーキング
(1)コンセプトと収益の源泉
(2)コンセプトのつくり方
(3)具体的なコンセプト・メーキング 
2 分譲物件のコンセプト
(1)コンセプトのつくり方
(2)具体的なコンセプト・メーキング
3 不動産仲介業のコンセプト
(1)不動産仲介業という事業
(2)コンセプトを構成するもの
(3)コンセプトの実際例
4 プロジェクト・コンセプト・ワークの例

第12章 不動産の取引情報

(1)情報とその性質
(2)不動産情報の発生源
(3)不動産情報の媒体の変化
(4)不動産情報の流通に関する問題とその対策

第13章 不動産の商圏と市場

1 商圏の把握—店舗の競合と商圏の限界
2 商圏と市場
3 物件の競合について

第14章 不動産マーケティングの実践

1 不動産マーケティング・リサーチ
(1)不動産マーケティング・リサーチの種類
(2)不動産マーケティング・リサーチの方法
(3)不動産マーケティング・リサーチの具体例
2 不動産マーケティング・アナリシス
(1)供給分析
(2)需要分析
3 不動産マーチャンダイジング
(1)企画の手法
(2)戸建建売住宅の企画
(3)マンション企画とマーチャンダイジング
(4)不動産マーチャンダイジングの留意点
4 プライシング
(1)新規分譲価格と取引市場
(2)資料と分析
(3)価格設定の具体例

第15章 不動産コンサルティング業

1 不動産とコンサルティング   
2 不動産コンサルティングの業務
(1)不動産コンサルティング業務の分類
(2)不動産の種類とコンサルティング
(3)専門職業家同士との連けい
(4)依頼者と依頼の目的・内容
(5)スケジュール
(6)調査・分析・報告
(7)コンサルタントの資質
(8)コンサルティングと報酬
(9)不動産コンサルティング業務の例
(10)不動産コンサルティング業務とビジネスチャンス 
3 街づくりの業務
(1)街は不動産の集まったもの
(2)街には寿命があるか
(3)街は地域でとらえる
(4)住んでみたい街
(5)明日の街を読む
(6)街をタテとヨコから読む
(7)街づくりの公式

第16章 これからの不動産事業の経営

1 分譲業
(1)分譲物件の種類
(2)買い替え客の対応
(3)マーケティングは十分か
(4)マーケティングをどう実践するか
(5)収益の源泉の検討
(6)コストと経費
(7)その他
2 仲介業
(1)流通システムの活用
(2)手さぐりからの脱皮
(3)ルールにのって業績向上
(4)流通革命はまだ続く
(5)期待される仲介業
3 賃貸業
(1)新規物件と賃料
(2)賃料の改定
(3)募集の方法
(4)マンションとオフィスの収支見込み
4 これからの不動産営業—営業店舗のあり方
(1)あなたの店のカラーは?
(2)メニューはありますか?
(3)店の前を、何人の人が通りますか?
(4)店づくりの考え方


不動産業経営の基本戦略
不動産業のコンセプト・メーキングとマーケティング・リサーチのための16章
吉野 伸


978-4-901431-62-0

前のページへ戻る

当社が開設するWebサイトは、以下の環境でご覧いただくことを推奨いたします。
推奨環境以外でご利用いただいた場合や、推奨環境下でも、お客さまのブラウザの設定によっては正しく表示されない場合があります。ご了承ください。

Windows: Microsoft Internet Explorer 7.0以上、Mozilla Firefox 3.0以上、Safari 4.0以上、Google Chrome 10.0以上のブラウザ  Mac: Mozilla Firefox3.0以上、Safari4.0以上、Google Chrome 10.0以上のブラウザ