• ホーム
  • Evaluation
  • 書籍
  • メールマガジン
  • 会社案内
  • お問い合わせ

書籍詳細情報

ホーム > 書籍 > 書籍詳細情報
イメージ

『粉飾の監査風土−なぜ粉飾決算はなくならないのか』

プログレス社内在庫分は全て完売しました

弘前大学人文学部准教授 柴田 英樹 著
四六判・256頁・上製
本体価格2,500円+税
ISBN978-4-901431-57-6 C2034
2007年7月

ご注文方法

全国の書店、政府刊行物センター、ネット書店等でお買い求め頂けます。(書店に在庫が無い場合は、店頭からお取り寄せ頂けます。)
弊社へご注文の場合は、お申し込みボタンをクリックし、購入申込書を印刷します。必要事項をご記入の上、FAXにてお送りください。

株式会社プログレスFAX番号 03-3341-6937

本書の概要

粉飾決算はどのようにして行われているのか?それはどのようにして見抜けば良いのかをわかり易く解説。粉飾決算をなくすために、監査風土はどうあるべきかを提示。

エンロン、カネボウ、ライブドア、日興コーディアル事件などの具体例を取り上げ、その手口から発覚後の動き、社会的影響までを追跡しながら分析。

読み進めていくことで、監査業界の実態と最新の業界状況もわかります。

目次

はじめに−粉飾決算は、なぜなくならないのか

第1章 粉飾決算とは

1 粉飾の構造
2 粉飾の進行
  許される粉飾と許されない粉飾
  粉飾決算の目的とその進行段階
  粉飾の発見方法
  ビッグバスを使った会計操作

第2章 財務諸表監査と粉飾決算

1 会計ビッグバンという名の日本たたき
  外圧による会計ビッグバン
  日本の会計基準の問題点
  国際会計基準とのコンバージェンス
  企業会計基準委員会、新体制で会計基準共通化を加速
2 米国型商法の導入
  商法大改正
3 日本の会計基準のコンバージェンス    
  遅れた日本基準

第3章 粉飾の企業風土

  企業風土とは
  企業風土と監査風土との関係
1 日本の企業風土の特色
  日本企業の創設    
  銀行支配の構造
  バブルは日本企業の象徴
  土地神話の崩壊
  家の崩壊
  中小零細企業が総数の九九%
  違法な勢力との腐れ縁と古い企業体質
  不透明な日本企業
  家族のルールの不存在
  準共同体的企業から株主所有物企業へ
  敵対的買収を許さない企業文化
2 アングロ・サクソンの企業風土との相違点
  日本の企業風土の特色から出てくる中核概念
  アングロ・サクソンの企業風土の特色から出てくる中核概念
  ストック・オプションは粉飾の温床
3 新たな企業風土の構築の必要性
  企業買収時代の到来
  組織文化
  組織文化の形成要因
  組織文化が変革を妨げる

第4章 粉飾の監査風土

  監査風土とは    
  監査風土と企業風土との関係    
1 日本の監査風土の特色
  監査人と企業の馴れ合い体質
  二つの制度監査
  過酷化する監査法人の仕事
  日本の大手監査法人の変遷
  日本における外資系会計事務所の変遷
  大手監査法人の現状
  あらた監査法人の設立
  みすず監査法人の解散
  新日本監査法人、日本のビッグ・ワンへ
  中堅監査法人の合併
  世界的会計事務所の変遷
  世界的会計事務所との提携
  日本の監査風土と風土病
  内部監査の監査風土
  監査役の監査風土
  監査委員の監査風土
2 日本とアングロ・サクソンの監査風土の比較
  日本の監査風土と企業風土との関係
  アングロ・サクソンの監査風土と企業風土との関係
  日本の監査法人の業務
  外資系会計事務所の業務
  アンダーセン消滅にみるコンサルティング重視の弊害
  世界的会計事務所の現状
3 新たな監査風土の構築の必要性
  企業と監査法人との馴れ合い体質の変革
  監査法人自体のディスクロージャーの必要性
  企業のガバナンスの向上
  日本版SECの設置の必要性
  米国証券取引委員会(SEC)の責務
  日本の証券取引等監視委員会(SESC)の責務
  証券取引等監視委員会のあるべき組織改革
  証券取引等監視委員会の機能強化に関する民主党の提案について
  当面の摘発強化策

第5章 最近の粉飾事例    

1 エンロン事件
2 カネボウ事件
3 ライブドア事件
4 日興コーディアルグループ事件
5 最近の粉飾事件の共通点
6 SOX法の成立とその影響
  SOX法の構成
  内部統制の法制度化の動向
  日本版SOX法
  内部統制監査
  内部統制の変革する風土
  
第6章 結局、粉飾決算はなくすことができるのか

  三洋電機の粉飾疑惑
  経営者の監査理解度のチェックリスト
  監査報告書の有用性の強化
  四半期報告書制度とレビュー
  四半期報告書の虚偽記載も処分対象

あとがき
参考文献
索  引


粉飾の監査風土
なぜ、粉飾決算はなくならないのか
柴田英樹

978-4-901431-57-6

前のページへ戻る

当社が開設するWebサイトは、以下の環境でご覧いただくことを推奨いたします。
推奨環境以外でご利用いただいた場合や、推奨環境下でも、お客さまのブラウザの設定によっては正しく表示されない場合があります。ご了承ください。

Windows: Microsoft Internet Explorer 7.0以上、Mozilla Firefox 3.0以上、Safari 4.0以上、Google Chrome 10.0以上のブラウザ  Mac: Mozilla Firefox3.0以上、Safari4.0以上、Google Chrome 10.0以上のブラウザ